ほむら(もう一度、時間停止…ッ!?)

     ギュルルル

ほむら「ま、巻きつかれた…!これじゃあ身動きが…」

使い魔「グオオオオオオオオォォ」

さやか「ほむら危ない! ま、間に合わない…ッ」

     ゴオオオオォォォ

ほむら「くっ…!!」

     キイイィィィイイン ガキィン!

使い魔「グオオオ!?」

ギーゼラ「やれやれ、手間をかけさせないでくれよ。暁美ほむら」

ほむら「…ごめんなさい、おかげで助かったわ」

マリア「本当に強すぎでしょ、あなた…」

さやか「よし、だいぶ数減ってきた!このまま先行くよ!」

杏子「う、うう…頭がガンガンする…というか風圧で顔が痛すぎる…」

エリー『痛覚遮断すればいいのに』カタカタ

QB「…君が一体何者なのか、実に興味深いよ」

フィナロッテ「…」モグモグ

QB「君の力がどういった物なのか、教えてくれないかい?」

フィナロッテ「…コタエルヒツヨウハナイ…タダ…」モグモグ

QB「ただ?」

フィナロッテ「…アタシハアナタノジャマヲスルダケ」シュンッ

QB「き、消えた?」

ティロッテ「だいじょーぶ、しばらくしたらかえってくるから♪なにしてるかしらないけど」モグモグ

QB(僕の目的や他の魔法少女の事…未来の事も知っている…フィナロッテ、君はまさか)

QB(『別の時間軸に干渉する力がある』とでも言うのかい!!?)


マミ「はぁはぁ…遅くなってごめんなさい」

杏子「おうマミ!ほんと遅すぎだ!」

さやか「もうほとんど倒しちゃったよ」

ほむら「いいえ…この先、結界の最奥部には…」

杏子「使い魔のボスがいる、って訳か」

マリア「みんな、気をつけて行きましょう」

エリー『あたしはここに残るよ。この子に何かあっちゃ困るし』カタカタ

ほむら「私も、使い魔がまだ居るかもしれないし」

仁美「ごめんなさい…迷惑ばかりかけてしまって」

マミ「気にする事はないわ。人を守るのも魔法少女の仕事だもの」

さやか「そうだよね…さて、それじゃ」ジャキ

杏子「行くか…!」ザッ

シャルロッテ「ウーン…迷ッチャッタカモ」オロオロ

まどか「あっ、シャルちゃん」

シャルロッテ「マドカ!結界ハドコ?」

まどか「公園のほうだよ」

シャルロッテ「ゴメン…ワカンナイ」

まどか「えーっとね…一緒に行こっか?」

シャルロッテ「ウン!」

まどか「よいしょっと」ダキッ

シャルロッテ「ハワワ…」アタフタ

まどか「落ちないように持ってるから、安心してね!」タッタッタッ…

シャルロッテ「ま、まみまみニ見ラレタラ変ナ誤解サレチャウヨー!」ジタバタ

まどか「シャルちゃんったら…」カァッ///

結界最奥部(魔女の部屋)―――

     グオオオオオオオオオオォォォォォ…

ゼバスティアン「…死ハ何者ニモ平等…誰モ避ケラレナイ結末…」

杏子「…なんつーか、マジでボスっぽいな」

さやか「黒くて首が8つあるドラゴンって感じ?」

マリア「ゼバスティアン…それが彼らの名よ」

マミ「そうね…【漆黒の八岐大蛇ゼヴァスティアン】ってとこかしら」

さやか「マミさん!その『ヴァ』の発音かっこいいです!」

杏子「訳わかんねえ事言ってねえでさっさと叩き潰すぞ!」

マミ「そ、そうね…」シュン

ゼバスティアン「…死ハ誰ニデモ訪レル…ココガオ前達ノ死ニ場所ダ!」 ゴゴゴゴゴ

仁美「さやかさん達、大丈夫でしょうか…」

エリー『心配いらないって。さやや強いし』カタカタ

ほむら「ところで…どうしてあなたまでここに残っているの?」

ギーゼラ「ボクが加勢しなくても彼女達ならきっと大丈夫だと判断しただけさ」

ギーゼラ「それと…暁美ほむら、君に用があってね。ちょっと2人きりで話がしたいんだけど」

ほむら「…ええ、構わないわ」

エリー『あんまり遠いトコ行くなよーほむほむ』カタカタ

ほむら「心配しないで結構よ」ファサッ

仁美「ほむ…ほむ?」

ゼバスティアン「無駄ナ足掻キハ止セ。自分ノ死ヲ受ケ入レロ」

杏子「オイ…コイツしぶとすぎるだろ…」

さやか「『使い魔』なんてレベルとっくに超えてるよね…」

マミ「ティロ・フィナーレで首1つ吹き飛ばしたけど…これ以上は私の魔力が持つかどうか…」

杏子「2つはなんとかあたしとさやかで斬ったが…残りまだ5つ、か」

マリア「ちょっと傷つけてもすぐ再生する…とことんメッタ斬りにしないと駄目なのかもしれないわ…」

さやか「それじゃあこっちが持たないよ…どうしたら…」

          ◆

まどか「ここが結界の入り口だね」

シャルロッテ「マドカモ行クノ?」

まどか「ううん。私は外で待ってるように言われたから」

シャルロッテ「ソッカ。ジャ、行ッテクルネ!」スッ

まどか「…みんな、がんばって!」

ほむら「…前の時間軸でそんな事があったなんて」

ギーゼラ「ボクも君たちをサポートするつもりだが、この世界の魔女はほとんど力がないからね…」

ギーゼラ「でも、こうやって真実を伝えた事で君の疑問はこれで解けたはずだ」

ほむら「…過去のまどかは、やはり魔女になってしまったのね…」

ギーゼラ「何故か、この時間軸と前の時間軸は平行して進んでいる。恐らく、鹿目まどかが世界を作り変えたために起きた異常事態だ」

ギーゼラ「そして、2つの世界の時間が平行して流れるという事は、どこかに2つの時間軸の接点となる存在ができるはずだ」

ほむら「それは、どういう事?」

ギーゼラ「…この時間軸と前の時間軸、交じり合う事のない世界を行き来している者がいる」

ほむら「!!」

ギーゼラ「前の時間軸のQBは、『別の次元のモノが同時に存在する事はできない』と言っていた。つまり」

ほむら「…前の時間軸には存在していなくて、この時間軸に初めて現れたイレギュラー…!!」

ギーゼラ「ご名答。もう大体分かるよね」

ほむら「ええ。どちらかはまだはっきりしていないけど…」

ギーゼラ「そうだね。さて、話もキリのいいところで済んだみたいだし、戻るとしよう」

ほむら「ええ。教えてくれた事、感謝するわ」

ギーゼラ「ふふ、当然さ。前の時間軸での鹿目まどかとの約束だからね」

ほむら「まどかとの、約束…ね」

シャルロッテ「えりー!」

エリー『シャル!あなたまで来たの!?』カタカタッ

仁美「あら、可愛いお人形さん」

シャルロッテ「まみまみハ何処?追イカケナキャ!」

エリー『結界の最深部だけど…危ないよ?』

シャルロッテ「ソレデモ行クノ!」

エリー『そっか…気をつけていきなよ、シャルはアタイの可愛い後輩なんだから』カタカタ

シャルロッテ「ウン!行ッテクルネ、えりー!」トットットッ…

エリー(相変わらず足遅いなぁ…)

仁美「ナデナデしたいですわ…」

エリー『それ分かるー!思わず抱きしめたくなるよね!』カタッ

仁美「ええ!腹パンもしてみたいですわ!」

エリー『それはちょっと』カターン

仁美「そうですよね…」ションボリ

杏子「ったく、そろそろくたばれってんだ!」ザシュッ!

マリア「残りは4つ…これでやっと半分なの…!?」

マミ「みんな下がってて。ティロ・フィナーレ!」

     ドゴォンッ!

ゼバスティアン「クッ…邪魔ダッ!」

     ゴオオオオオォォォッ

マミ「―あっ―――」

     ガチンッ!

     ブシャアアアアァァァァァ

マミ「っく…あ……痛い…… こんな……」ボタボタ

ゼバスティアン「フン…外シタカ。次コソは頭カラ喰ラッテクレルワッ!」

さやか「マミさあああああああん!!うわあああああ!!」ズバッズバッザシュッザシュッ!

マリア「…両腕をもぎ取られている…もう戦うのは無理だわ…」

杏子「マミの奴、無茶しやがってぇッ!」ダッ ザシュッ ガキィッ


シャルロッテ「・・・・・・」

シャルロッテ「 ネ エ 、 コ レ 、 ド ウ イ ウ コ ト ? 」

マミ「シャル、ちゃん…どうして…」

マリア「シャルッ!?」

さやか「ど、どうしてここに!!」

杏子「シャル!あぶねえから近づくな!」

ゼバスティアン「ホウ…マタ1人死ニニ来タカ…」

     ゴオオオオオォォォ…

シャルロッテ「…」

さやか「シャル!避けてぇッ!」

シャルロッテ「………」

     ゴボッ ギュンッ  グバァッ グシャッ

ゼバスティアン「グウウウウウオオオアアアアアアアアアアアッ!!?」メキメキ

シャルロッテ「許さないッ!よくも…アタシの大切な家族をッ!!マミマミを傷つけたなあああッ!!!」

シャル(中身)「…なんや?久々のご馳走やと思うたけど硬すぎて全然食べ応えあらへんでコイツ。ホンマにマズいわ、期待外れや」

     バキッ ゴシャッ メリッ ゴリゴリ グチャッ

ゼバスティアン「……馬鹿…ナ……コン…ナ……ハズ…デ……ハ………」グッチャグッチャ

マミ「うぅ…シャル、ちゃん…」

さやか「な、なに、なんなの…これ…」ガクガク

杏子「オイ…シャルの奴、普通に喋ってるし…それにアイツは一体なんなんだよ!」

マリア「あれは、もう1人のシャル…シャルの身体の中にある『ガン細胞』の化身よ…」

     スゥー…

まどか「あ、結界が消えていく…」

     ドシャアッ


杏子「ってえー…って、重い!さやか早く退きな!」ジタバタ

さやか「失礼ね!あたし重くなんてない!」

マミ「…美樹さん、グリーフシードでソウルジェムを浄化したら私の腕を治して欲しいのだけど…」

さやか「あっ、はい!」シュウゥ…


ほむら「どうやら終わったようね…って恵方巻きっ!?」ホムンッ!?

シャル(中身)「食べ応えないのに量だけだったわホンマ…もっとワイの好きなお菓子とか用意してやー」

シャルロッテ「はいはい…待っててね、今出すから」パッ

シャル(中身)「お、流石わかってるやん!ほな、いただきまーす♪」モグモグ

エリー『ちょ、マリア!胸あたってるってば!』ドキドキ

マリア「あなたパソコンの中じゃない。別にいいでしょ?ほら」ムニムニ

エリー『ひゃあああぁ///』ガタッビクッ

ギーゼラ「やれやれ…ボクももっと女性らしい姿で魔女になりたかったよ…」


仁美「やっと出られましたわ…あら、まどかさんも居たんですの?」

まどか「うん。みんな、おかえり!そしてお疲れ様!」

さやか「にしても何なの?これ…」

シャル(中身)「ん?ワイの事か。嬢ちゃん、人をコレ扱いするもんやないで?」モグモグ

エリー『そいつの名前ね、オッティっていうの。まあアタイ達がそう呼んでるだけなんだけどね』カタカタ

マリア「それと、彼女が出てくるとね、シャル食欲無くしちゃうのよ。なんか味覚なくなっちゃうんだって」

オッティ「ワイは普段シャルの口の中におるんや。呼ばれないと出られんけどな」

杏子「なんだよソレ…」

マミ「よいしょ、っと…ふぅ、もう大丈夫。ありがとう美樹さん」

さやか「あの…マミさんが腕食べられちゃった時ほんと取り乱しちゃって…すみません」

マミ「いえ、あなたが咄嗟に攻撃していなかったらアイツは大人しくしていなかったはずよ」

さやか「うへへ、そうかなー?wwwいやーあたし舞い上がっちゃってますねーwww」

エリー『ったく、もう…心配したんだから』カタカタ

さやか「おやおやー?あたしが戦ってる間に仁美とイチャついてたんじゃないの?」

マリア「…ちょっと、エリー?」ゴゴゴゴゴ

エリー『そ、そんなワケないじゃん!ねえひとみ?』ガタガタ

仁美「…(シャルさんの事を)抱きしめたいだなんて言っていましたわ」ニヤリ

マリア「」プツン

ギーゼラ「おやおや…どうやら逃げたほうが良さそうだ。ボクは先に帰るとするよ」 ギュインッ

杏子「えっあたs あぁぁぁぁぁぁ…」 キイイィィィイイン…

オッティ「ほな…ワイも満足した事やし、そろそろ帰るで」

マミ「あ、ちょっと待って…これ、どうぞ」

マリア「チーズ、持ち歩いていたのね」

オッティ「嬢ちゃん、あんたわかってんなー♪流石シャルの嫁さんやで」パクッ

シャルロッテ「あっ…」ウルウル

マミ「嫁って… そうそう、シャルちゃんのも用意してあるわ」

シャルロッテ「やった♪」モグモグ

シャルロッテ「…やっぱり味しない」ションボリ

さやか「じゃあ後で食べればいいじゃん、マミさん家で」

エリー「」

ほむら「彼女、放っておいていいの?パソコンが粉々になっているんだけど」

マリア「ええ、放っておきましょう」ニッコリ

まどか「そんなのってないよ…」

仁美「あら、いけない…稽古に行く時間ですわ!」

マミ「また結界に足を踏み入れないように気をつけてね」

仁美「はい。今日は助けていただいて本当にありがとうございました…それではまた」

まどか「仁美ちゃん、またね!」

オッティ「今度こそ帰るで。ほな、またな」ゴボッ

シャルロッテ「んぐぅっ…」ジタバタ

ほむら(無理やり口にねじ込まれてるみたいで…感情が込み上がってくるわね)ホムホムホム

マミ「シャルちゃん、大丈夫?」

シャルロッテ「ウン!モウ大丈夫!」モグモグ

さやか「さっそくチーズ食べちゃってるよ…よほど好きなんだねー」

マミ(そういえば…シャルちゃんは魔女になる前まで、ずっとチーズが食べられなかったのよね…)

エリー「…うぅ」

マリア「あら、お目覚めのようね?」キッ

エリー「ひゃあっ!?」ビクッ

マリア「おかしいわね…全治3ヶ月ぐらいの体にしてあげたつもりなんだけど」

エリー「ほ、ほんとにごめんなさい…もう許して…(なんで誤解されてるのに謝ってるの?アタシ…)」

ほむら「そろそろ許してあげてもいいんじゃないかしら?」

まどか「そうだよ…エリーちゃんだって反省してるはずだから…」

マリア「…そこまで言うなら… エリー、2人に感謝する事ね」

エリー「はい…申し訳ございませんでした…」ドゲザ

さやか(あたしとしては、もうちょっとマリアに攻められるエリーが見たかったな…)

杏子「もうダメだ…吐きそ」

ギーゼラ「おいおいやめてくれよ、そんなの見せられるボクの気持ちを考えてくれ」

杏子「元はといえばお前のせいだ! つーか…ここ何処だよ一体!」

ギーゼラ「海」キリッ

杏子「そんな事は分かってるっての!」

ギーゼラ「綺麗な夕日だろ?」

杏子「…アンタさぁ、不器用すぎ。あたしよりもずっと」

ギーゼラ「そんな事ないよ?魔女になる前はバイクを自分で改造して乗り回してたんだ」

杏子「いや、そういうコトじゃないだろ…」

ギーゼラ「じゃあどういう事だい?」

杏子「…もういい、帰る」

ギーゼラ「ここから見滝原までだと君の足では5時間はかかるはずだよ」

杏子「…」

ギーゼラ「まあ見なよ。ここの夕日は本当に綺麗なんだ。ボクは魔女になる前からこの景色が好きだった」

杏子「それがどうしたっていうんだよ?」

ギーゼラ「…ちょっと隣いいかい?」

杏子「…」

ギーゼラ「ボクはね、君たち魔法少女を救うために、前の時間軸の鹿目まどかの力を借りてこの世界に来た」

杏子「そうだったのか…でも何で」

ギーゼラ「理由は2つ。1つは、ボクを助けた鹿目まどかの想いに応えるため」

ギーゼラ「もう1つは…こんなに楽しいと思える世界を壊させたくなかったから。かな」

杏子「ハッ、なんだよそれ」

ギーゼラ「…ボクが魔法少女だった時は、仲間なんて1人もいなかった。少し前までの君みたいにね」

ギーゼラ「でも…今は違うんだ。みんなと楽しく過ごせる…それだけで気持ちが安らかになる」

杏子「…そうかよ」

ギーゼラ「ボクはこの世界を守る為だったら命だって惜しくはないさ」

杏子「そんな正義のヒーローみたいな事いってんじゃねーよ…ほら、ポッキー食うかい?シャルから貰ったんだ」

ギーゼラ「うん、ありがと」

杏子「…命が惜しくないなんて言うなよ。アンタがあたし達を守るってんなら、あたしはアンタを支えてやる」

ギーゼラ「それ、告白かい?」

杏子「バカ、ちげーよ」

ギーゼラ「はは… さて、だいぶ暗くなってきたね。そろそろ戻ろうか」

杏子「おい、戻るって…」

ギーゼラ「ちゃんとつかまってなよ。あと、この時間は風が冷たいからね」

杏子「…ひどい冗談だな」

     ギュインッ キイイイィィィィィイイイン…

ひとみんち―――

仁美(今日は長い一日でしたわ…)

QB「色々と情報の整理がつかないみたいだね」

仁美「あなたは…いつか見たような」

QB「僕はQB。魔法の使者さ」

QB「魔法少女と魔女の存在を知ってしまった以上、君とコンタクトを取らない訳にはいかないと思ってね」

仁美「…用件はなんですの?」

QB「僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ」

仁美「契約…ですか?」

QB「使い魔や魔獣と言われる存在と戦う使命を背負う事になる代わりに、どんな願いも1つだけ叶えてあげるよ」

QB「詳しい話は他の魔法少女に聞くといい。特に暁美ほむらは全部を知っているようだし」

QB「だから、契約するかどうかはじっくり考えてくれ。じゃ、僕はそれを伝えにきただけだから」 スッ…

仁美(消えた…)

仁美(…どんな願いでも叶えられる、とても魅力的ですけれど)

仁美(まだ、そこまでして叶えたい願いなんて見つけられそうにないですわね…)

仁美「…上條くん…」ボソッ

マミ「それじゃ、また明日」

シャルロッテ「バイバイ♪」オテテフリフリ

さやか「マミさん、また明日」

まどか「シャルちゃんバイバイ!」

ほむら「さようなら、巴マミ、シャルロッテ」

ほむら(…明日、あの姉妹と話をしてみるべきね)


マミさん家―――

     シュタッ

フィナロッテ「…」モグモグ

ティロッテ「おかえりー むこーのせかいはどうだった?」

フィナロッテ「…マダ、マチハアレテイルママ。ワルプルギスノエイキョウデネ」モグモグ

ティロッテ「そっかー…」

フィナロッテ「…」モグモグ

ティロッテ「…あと10かだね、わるぷるぎすのよる」

フィナロッテ「…ソウネ」モグモグ

ティロッテ「みんなのためにも、がんばんないとね」

フィナロッテ「…ウン」モグモグ

数日後…

     ピンポーン ガチャ

マミ「あら、暁美さん、それとギーゼラさんも」

シャルロッテ「ホムホム!ギーゼラ!イラッシャイ!」

ほむら「…あなたまで私をほむほむと呼ぶのね」

シャルロッテ「アタシハホムホムハデス!」キリッ

ほむら「…まあいいわ。ちょっとあなたの娘に用があってね」

ギーゼラ「上がってもいいかい?」

マミ「2人に用が? いいわ、上がって」

     ◆

マミ「…この2人が、その前の時間軸を行き来する力を持っている…そういう事ね?」

ほむら「ええ… 実際、どうなのかしら」

フィナロッテ「…サスガネ。アケミホムラ。ミヤブッテイタナンテ」モグモグ

ティロッテ「もー…ふたりだけのひみつだったのにー」

ギーゼラ(いや、ボクが知ってたからほむらに教えただけなんだけどね)」

マミ「凄い娘を持ったものね…私」

シャルロッテ「アタシトマミマミノ娘ダモン、凄イノハ当タリ前デショ♪」

ほむら「あなた、他人を向こう側の世界に連れて行く事はできるのかしら?」

フィナロッテ「…デキルトイッタラ?」

ほむら「…私達を、向こうの世界の鹿目まどかと会わせて」

フィナロッテ「…アタシノテヲニギッテ」モグモグ

ほむら「…」ギュッ

ギーゼラ「ボクも行くよ」ギュ

マミ「話が急すぎるわね…2人とも、気をつけてね」

シャルロッテ「イッテラッシャイ♪」

ティロッテ「ばいばい!」

フィナロッテ「…」モグモグ ゴクン

     シュンッ     キーンッ


前時間軸世界―――

ほむら「…ここが」

   「…ほむら、ちゃん?」

ほむら「まどか!!?」

フィナロッテ「…クリームヒルト・グレートヒェン」

クリームヒルト「ほむらちゃん、久しぶりだね。ずっと会いたかったんだよ」

ほむら「まどか…そんな姿になってしまったのね…」

過去QB「暁美ほむら。君も来たのかい」

ほむら「…まだ自分の星に帰っていなかったのね…インキュベーター」

過去QB「まどかに頼まれてね。彼女のやりたい事が済んだら僕も帰るつもりさ」

クリームヒルト「私がしてきた事、全部話すね」

ほむら「ええ」

クリームヒルト「ほむらちゃんはずっと、私を魔法少女にしない為に時間を戻し続ける」

クリームヒルト「だから、魔女が絶望を振り撒かない世界に変えて、次の世界に賭けたんだ」

クリームヒルト「それで私はギーゼラさんを通じて、次の世界を見てきた」

ギーゼラ(海でイチャついてた所も見られていたっていうのかい…?)

クリームヒルト「そしたら、今まで現れる事のなかった人が、次の世界に現れた」

フィナロッテ「…アタシノコトネ」

クリームヒルト「2人いたんだけど、フィナちゃんのほうが、色々と託せそうだったから」

クリームヒルト「私はフィナちゃんに、時間を干渉する力を与えたの」

過去QB「まどかの莫大なエネルギーなら、時間軸の1つぐらいなら行き来させられるからね」

ほむら「そうだったのね…」

クリームヒルト「ギーゼラさんとフィナちゃんがいるから、2つの世界は平行して進んでる」

クリームヒルト「それが、2つの世界の真実。私が言えるのはこんなとこかな」

過去QB「君の目的については話さなくていいのかい?」

クリームヒルト「ティヒヒwww詳しいことは言えないよ。ごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「…自分を魔女にしてまであなたは世界を救いたいと願っているのは分かったわ」

ギーゼラ「なんたって救済の魔女だからね」

ほむら「…あなたに会えてよかったわ。そして必ず、あなたを救ってみせる」

ギーゼラ「救済の魔女を救済したら君は『救済の救済の魔法少女』かい?」

フィナロッテ「…ツマラナイワ」

一つ前に戻る

TOPに戻る

つづく

inserted by FC2 system