その頃、現時間軸―――

     カワシタヤークソクーワスレーナイヨ♪ メーヲトジ

マミ「あら、メールだわ」ピッ

マミ「……」

マミ「どういうことなの…」

シャルロッテ「ドウシタノ?まみまみ」

マミ「佐倉さんが、魔獣にやられて…戦闘不能…ですって」

シャルロッテ「ナ、ナンダッテー!?」

マミ「以前の戦いで疲れが溜まっていたのかしら…理由はどうあれ、危険ね…」

マミ「今は美樹さんが戦っているらしいわ。こうしちゃいられない!」ダッ

シャルロッテ「イッテラッシャイ!気ヲツケテ!」

ティロッテ「むりしないでね!」

杏子「くそっ…あたしが魔獣にやられるなんて…ふぇっきし!」

マリア「風邪引いてるってのに無茶するから…っていうかくしゃみ可愛いわね」

杏子「う、うるせー…ふぇっきしっ!」

エリー「さやや!マミさんに連絡しといたよー」

さやか「ありがと、エリー!」ザシュザシュ

さやか(…杏子が風邪だからって理由じゃない、この魔獣…)

魔獣「ガンバレガンバレデキルデキルゼッタイデキル!」 ゴゴゴゴゴ

さやか(とんでもなく、強い!)

エリー「どうしよう!ほむほむと連絡とれない!」

さやか「大丈夫、あたしがなんとかするから心配し―――

魔獣「ドントウォーリー!ビーハッピー!」

     ドッ ゴゥンッ

さやか「うあ…」ドサッ

エリー「さややああぁぁぁぁ!!」

杏子「さ、さや…ふぇっきしぃ!!」

マリア「ああもうあなた雰囲気ぶち壊さないで!!」


さやか(…ダメ、身体ぜんっぜん動きそうにないや…)

さやか(ソウルジェムは…うわ、凄い濁ってる)

さやか(あーあ…あたしも、魔女になっちゃうのかな)

さやか(ま…それはそれで、別にいっか…)

さやか(やっと…エリーやマリアとずっと一緒に…)

     ピシッ…

        パリンッ

           ゴオオオオオオオオオオオオオオオオ

杏子「ふぇっきし…さやかああああああああああ!!ふぇっきしっ!」

マリア「もう色々と台無しだわ。普通はハートフルボッコシーンだっていうのにあなたは…」

杏子「仕方ねえだろ!ふぇっきしぃっ!」

エリー「どうするのこれ…魔獣もそのまんまだし、魔女が生まれたって事は使い魔だって…!」

     ザッ

仁美「…何があったか説明してもらえませんか?」

QB「もう手遅れみたいだね…残念だよ」

杏子、マリア、エリー「!!!」フェッキシッ

オクタヴィア「…いや手遅れも何も…あたしは普通に無事なんだけど」

エリー「その半魚人みたいな姿が気に入らない!」

仁美「さやかさんは…それでよかったんですか」

オクタヴィア「後悔なんて、あるわけないよ」

マリア「でも、今の魔女って戦う力ほとんど無いわよ」

エリー「実質、この場で戦える事ができる人いないよね…」

杏子「……ふぇっきし」

オクタヴィア「ど、どうしよう…?」

仁美「………」

仁美「さやかさん、あの時私を助けてくれた時、とてもカッコよかったですわ」

杏子「おいおまえ…何を」

仁美「でも、今のさやかさんは…まるで戦うことを諦めているみたいで…」

オクタヴィア「仁美…」

仁美「私!あなたとは対等でいたいんですの!私は…戦いますッ!」

マリア「…凄い覚悟だわ」

エリー「昔のマリアとよく似てるって感じ…」

仁美「だから、さやかさんも…!」

オクタヴィア「あたしだってもっと頑張りたい。けど、もう戦う力なんてないよ…」

仁美「だったらッ!!」

QB「…いいんだね?志筑仁美」

オクタヴィア「…あたしも、仁美が望んだ事なら無理に引き止めたりしない。だけど、後悔だけは絶対しないで」

仁美「…わかってます」

QB「それじゃ…志筑仁美、君の願いはなんだい?」

仁美「私の願いは…」

仁美「―――さやかさんに…もう一度、戦う力を―――」

QB「いいだろう。君の願いは今、エントロピーを凌駕した!」

仁美「くぅっ…ぁ…」

QB「さあ、君のソウルジェムだ。受け取るがいい…そして」

マリア「…ソウルジェムが2つ…?」

QB「これは君の祈りで生み出された、新たに生成された美樹さやかのソウルジェムだよ」

QB「それを彼女に触れさせれば、彼女は再び魔法少女としての力を取り戻す」

オクタヴィア「ずいぶんと手間かけさせるんだねアンタ…」

仁美「…さやかさん、宙に浮いているんですけれど」

エリー「だんだんそのポーズがキラーマジンガに見えてきたよ」

マリア「いえ、青いからキラーマシン2だと思うわ」

杏子「何を訳のわからない話してんだ…ふぇっきし!」

魔獣「オーイ!ナニオレノイウコトバジトウフウシテンダ!?」

マリア「すっかり忘れていたわ…」

魔獣「セケンハサァ、ツメテェヨナァー!」

仁美「…私、戦います!エリーさんはこれを!」 ヒュッ

エリー「ひゃぁっ!さややのソウルジェムを投げるなって!」

仁美「…これが私の魔法少女デビュー、ですわ…!」 パァァ…

杏子「…なんつーかもう魔法少女というよりか死神に近いだろ!」

マリア「大きな『鎌』ね…まさか接近戦タイプの魔法少女になるとは思わなかった」

オクタヴィア「仁美、かっこいいぞー!」

仁美「…私、武道のほうも嗜んでいましたの。ですから…全力でお相手いたしますわッ!!」 ザッ

     ガッ ギュンッ! ザクッ

杏子「鎌を水平にぶん投げた…!ふぇっきs、やるじゃんあのワカメ頭」

     スタッ… ズシュッ ザシュッ

魔獣「アハァーン」

マリア「食い込ませた鎌の柄の上に着地し、新しく召喚した鎌で追撃…素人のやる事じゃないわ」

エリー「はぁ…走るのキツいよ…つーかさやや遠くない?」

魔獣「ダメダメダメダメ!」 ドッ

エリー「ひゃん!ああっ、ソウルジェムがっ!」 ポーン

オクタヴィア「人の魂はちゃんと持っててよーっ!?」

マリア「…あとは私がやるわ」 パシッ

マリア「待っていて…さやか!」ダッ

仁美「ッ…魔獣というのはこんなにしぶといものですの!?」 ズシャッ

魔獣「モットアツクナレヨオオオオオオ!」 ドオオッ

仁美「あっ…」

     ―――ティロ・フィナーレッ!

魔獣「ソウダ…タケニナロウ…」

仁美「あ…あなたは!」

杏子「ふぇっ…遅すぎんだよ。マミ」

マミ「ごめんなさいね…それより一体どうなっているの?志筑さんも魔法少女になっているし…美樹さんは…」

オクタヴィア「色々あったんですよwww」

マリア「さやか…これを。 ふふ、いつかあなたに助けられた時みたいだわ」

オクタヴィア「うん。ありがとね」スッ…

     キイイイイイイイィィィィィン

さやか「―――さやかちゃんマーメイドモード…誕生☆」

QB「どうやら魔女になっていた面影が少し残っているね」

エリー「胸のピンクのリボン、すっごく可愛いよーさやや!」

さやか「うへへー…照れますなぁー♪」

杏子(頭の後ろのソレは何なんだよ…)

マミ「…まだやる事は残っているわ。美樹さんの使い魔が…ッ!?」

さやか「あ、あれって…!!」

使い魔「………」

マリア「エリーに…そっくり…!?」

使い魔「………」

杏子「オイ、あいつの前にあるのは…」

QB「美樹さやかの元々の肉体。いわば抜け殻だけど…」

マミ「ま、まさかっ!」

使い魔「………」 スポッ

エリー「さややの肉体の中に入っちゃった…!」

さやか「あたしの身体はパソコンだったっていうの?」

マリア「全然違うと思うわ…」


―――人魚の魔女の手下、その性質は…

―――――『寝取り』


使い魔「………」 ギュンッ

仁美「きゃっ…」

     ガキィィィンッ!

使い魔「…邪魔シナイデ」 ギリ…

さやか「あたしの親友に、手は出させないよ」

エリー「なんかアレ思い出したよ…ロックマンゼロ3」

マリア「魔力で作り上げた体だけど心はそのままのさやか、肉体は人間だけど中身は使い魔のさやか…か」

杏子「まさしく向こうはゾンビだな…ふぇっきし」

さやか「こいつはあたし1人で倒す…これは譲れないよ」

仁美「さやかさん…」

マミ「…元々はあなたの身体よ。惜しくはないの?」

さやか「…自分の身体じゃなくても、あたしはあたし。心は…美樹さやかだからっ!」 ガキィンッ!

さやか「これでも食らえっ!」 バッ

黒さやか「………!」 ザッ

エリー「車輪ッ!?」

QB「魔女としての力も、美樹さやかは使いこなせるというのかい…流石だね」

さやか「うおりゃあーッ!!」 ズバァッ!

杏子「や、やったか!?」

黒さやか「…アハハ…ホントダ!ソノ気ニナレバ痛ミナンテ…ウフフ…アハハ!完全ニ消シチャエルンダ…!」 ザシュッ

さやか「ぐ…っ!」ガクッ

仁美「さやかさんッ!?」

エリー「あの使い魔、痛覚を遮断してる…!?」

さやか「…まだまだああぁーッ!!」 ダッ

黒さやか「アハハハハ……アタシッテ、ホント馬鹿」 ザシュッ

さやか「ぐぁ……負けるもんかぁ…!!」

マミ「…手を出してあげたいのだけれど、これが彼女なりのケジメなのよね」

マリア「自分のせいで周りに迷惑をかけてしまった事に、責任を感じているんだわ」

杏子「…独りぼっちで、アイツは最後まで戦う気か…」

仁美「さやかさん…」

エリー「大丈夫。さやかは寂しいなんて思ってない。だから、あたし達は彼女を信じればいい…でしょ?マリア」

マリア「ええ…祈りましょう」 スッ…

杏子「立て膝ついて祈るなんて小さい時にやって以来だよ…ふぇっきし!」 ザッ

30分経過―――

黒さやか「…モウ、何モ痛クナイ…!」 ザッ…

さやか「はぁはぁ…これで、トドメだあああああああぁぁぁッ!!!」 ザッ!

     ズバッ ブシャアアアアァァ

黒さやか「」 ドシャァッ

さやか「ふぅ…あっちゃー、自分の身体だったのがこんなボロボロになっちゃって…」

エリー(うわあああああ!マミってる!さややの首がマミってるぅぅぅ!!) ガクガク

仁美「こ、こういうのはちょっと耐性がなくて…」 クラッ

杏子「ほら…グリーフシード、使えよ。そっちのワカメも」

さやか「ありがと、杏子」 シュウゥゥゥ…

仁美「わ、わかめって何ですのっ!?」

マミ「あなたが他人にグリーフシードを譲るなんて…明日は雪でも降るのかしら」

マリア「マミ、どうして上を向いているの?」

マミ「え…それは…まあ、ね」

エリー「ヘイヘーイマミさんビビってるぅー!」

マリア「前髪で視界を遮らないの!」

さやか「あはは…何はともあれ、さやかちゃん大勝利!!」

マミ「ふふ…今日は美樹さんの祝勝会と、志筑さんの魔法少女歓迎会しなきゃね」

仁美「は、はい!」

仁美(今日は稽古がなくてよかったですわぁー!!)

クリームヒルト「…ほむらちゃん、そろそろ帰らないとみんな心配しちゃうよ?」

過去QB「2つの世界は時の流れも平行だ。違うのは1ヶ月、時間がずれているという事だね」

ほむら「…わかったわ。また来るわね。まどか」

クリームヒルト「ううん、今度は、私から会いに行くから…ワルプルギスの夜の日に」

ほむら「…そう。待っているわ」

ギーゼラ「帰る用意はいいかい?それじゃ、フィナロッテにつかまって」

ほむら「…またね。まどか」ギュッ

フィナロッテ「…ソレジャ、マタ」

クリームヒルト「うん、またね。ほむらちゃん、ギーゼラさん、フィナちゃん」

     シュンッ     キーンッ

過去QB「…君から会いに行く、か」

クリームヒルト「あれ、私なにかおかしい事言ったかな?」

過去QB「いや… まあ、君の好きなようにすればいいさ…」

クリームヒルト「…きっと、あなただって救ってみせる。だけど、あの子達の協力がないと…私の出番は、それからだよ」

過去QB「…契約させるつもりなんだね。あの2人を」

クリームヒルト「うん。だけど、絶対みんな幸せにしてみせるから…」

過去QB「…全く、人間の考えてる事は訳がわからないよ」

クリームヒルト「私、もう魔女だけどね。ウェヒヒwwwwwww」

過去QB「…」

さやか「それでさー、エリーの入浴中にあたしが入ってみると、エリーったら自分の胸を…」

エリー「きゃー!きゃー!やめてええぇぇ!」ジタバタ

マリア「それを私が様子見に入ったら、2人がお互いを弄りあtt」

さやか、エリー「ぎゃああああ!それは流石にアウトオオオオオ!!」

仁美「さ、さやかさん達は…禁断の恋を…///」カァァ

マミ「ず、ずいぶん仲がいいのね…」

杏子「あー、甘ったるくて砂糖吐きそうだ…ふぇっきし」

シャルロッテ「タマニハびたーちょこれーとトカドウカナ?」パッ

杏子「ああ、気が利くじゃんかシャル…って苦ァーッ!?カカオ99%!?ただのカカオだろ!!」

マミ「どれどれ…んぐっ!?」ガクッ

ティロッテ「ま、まみまみーっ!?」


まどか「にしても…仁美ちゃんが魔法少女になっちゃうなんて…」

QB「彼女は生まれつき持っていた素質じゃない。強い願いがあったからこその奇跡だね」

さやか「というかまどか、今までどこ行ってたの?」

まどか「えっとね、ゲルトルートさんにお呼ばれして、ケーキご馳走してもらったんだよ!ローズティーもおいしかった!」

杏子「おいおい…それなのにまた食べるのかよ…ってあれ、激苦チョコでくしゃみが止まった!?」

さやか「えぇー!? というかまどか、あたし達が戦ってる間に何お茶しちゃってんのー!?」

まどか「ティヒヒwwwごめんねさやかちゃんwww」

マミ(ローズティーねぇ…今度試してみる価値あるわね)

一つ前に戻る

TOPに戻る

つづく

inserted by FC2 system