これから話すのは女子高生たちの日常の一ページ

 

『挨拶』

美紀「おっはよ〜」

悠里「おはよう馬鹿美紀」

芙美「美紀チンおはよー」

蛍「とりあえず、死ね」

美紀「ひどい」

悠里「いつもの事じゃん」

美紀「私も傷つくんですけど」

 

 

 

『佐々木・美紀』

悠里「アンタが悪い」

美紀「そうかな〜」

芙美「美紀チンおばかちゃん」

蛍「何の話?」

美紀「こないだのテストの補習」

蛍「勉強しろ、そして死ね」

美紀「死なねぇよ」

 

 

 

『相原悠里』

悠里「よし、絶好調」

美紀「うわ、また自己記録縮めたよ・・・・・・この人」

悠里「毎日走ってるもの」

芙美「悠里チン、頑張るね〜」

蛍「潰れてしまえ」

悠里「おいこら」

 

『天野・芙美』

美紀「そういやさ、芙美のノーパソっていくらぐらいしたの?」

芙美「パパが買ってくれたからしらな〜い」

悠里「なんかさすがだね」

美紀「凄くらしいよね」

蛍「金の亡者が」

芙美「何それ、おいしいの?」

美紀「皮肉通じず」

 

 

 

『榎本・蛍』

蛍「」ペラペラ

生徒「蛍ちゃん、借りてた本ここ追いとくね」

蛍「あっそう好きにすれば」

生徒「凄く面白かったよ」

蛍「あっそう」

生徒「じゃあね」スタスタ

 

蛍「♪」ニコニコ

美紀「なんかずっと蛍がニコニコしてるんだけど」

悠里「似合わないな」

芙美「ねぇねぇ、なにかあったの?」

悠里・美紀(聞いたよ)

蛍「ううん別に何も無いよ!」ニコ

芙美「本物の蛍チンだよね?」

蛍「は?」

 

 

 

『部活』

美紀「美術部の美紀」

悠里「陸上部の悠里」

芙美「家庭科部の芙美」

蛍「死神の蛍」

美紀「科学部でしょ!」

蛍「そうとも言う」

 

 

 

『テスト』

美紀「全教科赤点」

悠里「理科が危ういかな」

芙美「保険きら〜い」

蛍「やる前から諦めるな馬鹿共」

美紀「学校一番が言うと説得力あるね」

蛍「褒めても何も無いぞ」

美紀「ちぇ」

 

 

『委員会』

蛍「みんな図書委員になれば良いのに」

悠里「クラスで一人だから」←保険委員

美紀「アンタはほんと本すきだな」←特になし

芙美「芙美はね〜」

美紀「生徒会副会長でしょ」

芙美「へへへ」

三人(可愛いもんな)

 

 

 

『料理するんです』

美紀「肉じゃがとか、肉じゃがとか……特に肉じゃが」

悠里「肉じゃがだけかよっ!」

美紀「悠里は卵焼きしか作れないじゃん」

蛍「我が辞書に不可能は無い」

芙美「芙美はね、料理させてもらえないよ」

他3人「頼むから料理しないで」

 

 

 

『風邪引き』

美紀「おはよう……ごほっ」

悠里「風邪引きか?」

美紀「寒気があって、頭痛くて、身体の節々が痛くて、怠いしお腹も痛い…ごほっ」

芙美「それってインフルエンザじゃ」

蛍「病院行って来い馬鹿」

美紀「何で……ごほっごほっ」

蛍「悠里」

悠里「任せろ」

 

 

 

『病院』

悠里「アイツ(蛍のこと)どこ行った?」

看護師「次の方どうぞ」

美紀「ごほっごほっ」〔マスク装備〕

悠里「どうですか?」

医師「インフルエンザと見て間違いないでしょう」

悠里「やっぱりか」


待ち合い室

蛍「どうだった?」

悠里「インフルエンザで間違いないってさ」

蛍「やっぱりか」

悠里「ところで隣の人誰?」

女性「美紀の母です」
美紀「私の母ごほっ」

 

 

 

『母親(美紀編)』

悠里「お母さん若っ!」

美紀「ごほっ…うち、ごほっ」

蛍「喋るな馬鹿」

悠里「これ私らにも感染してるだろうな」

蛍「改めて、美紀の母親の美波さん」

美波「いつもうちの馬鹿娘がお世話になっております」

悠里「母親にまで馬鹿扱いされるんだ」

美波「蛙の子供ですし」

悠里「あぁ、なるほど自分も馬鹿だと」

蛍「天然者」

inserted by FC2 system